笑いじわをなくす方法

目の下の笑いじわをなくすには、保湿ケアだけじゃ足りない!

 

 

目の下笑いじわ、気になりますよね。目の下って人目につきやすい場所ですし。

 

 

笑いじわが気になってくると、しわが寄らないように控えめに笑うようになったりしますよね。私もその1人です。

 

 

では、”目の下の笑いじわ”を目立たなくするには、どのようなケアをしていけば良いのでしょうか。

 

 

 

目の下の笑いじわを改善するには「保湿ケア」じゃ足りない!

 

顔にできるしわには、大きくわけて3種類あります。

 

 

「乾燥小じわ」「表情じわ」「真皮じわ」の3つです。

 

 

1つめの「乾燥小じわ」は、”乾燥”や”体内の水分不足”などによる一時的なもので、保湿をすればすぐに消えます。

 

 

2つめの「表情じわ」は、表情を変えた時にできるシワです。笑いじわもこれに当てはまりますが、進行すると3の「真皮じわ」になり、真顔の時にも消えないシワになってしまいます。

 

 

3の「真皮じわ」は、保湿をしても消えない深いしわです。表情を変えた時だけでなく、無表情の時にもくっきりと目立つようなら、これに当てはまります。

 

 

もしあなたが、保湿ケアはちゃんとしてるのにしわが消えない!と悩んでいるのなら、「表情じわ」か「真皮じわ」のどちらかという事になります。

 

 

そして、表情じわ(笑いじわ)や真皮じわは、肌の表面をうるおす「保湿ケア」だけでは薄くすることはできません。なぜなら、これらのシワは肌の表面ではなく、肌の奥にある”真皮”という部分に原因があるからです。

 

 

目の下の笑いじわには保湿+真皮のケアを!

 

年とともに笑いじわが目立ってくるのは、真皮層のコラーゲンの減少や劣化によって皮膚の弾力が落ちたことが原因です。

 

 

目の下の皮膚はとくに薄いので、コラーゲンを蓄えておける真皮層も薄く、弾力を保つのが難しいのです。なので、顔の中でどこよりも早くシワが目立ってきてしまいます。

 

 

ですので、目の下の笑いじわには、肌の表面を保湿するケアだけではなく”真皮層のコラーゲンケア”を取りいれることが大切なのです。

 

 

そうすることで目の下の皮膚に弾力を出すことができ、笑いじわを目立たなくする効果が期待できます。

 

 

いままで保湿に力をばかり入れていたという方は、これを機に真皮のコラーゲンケアを始めてみてください。

 

 

では、真皮のコラーゲンケアってどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

目の下の笑いじわを改善する「真皮のコラーゲンケア」

 

 

真皮のコラーゲンケアには、2種類の方法があります。

 

 

1つは「ピーリング」で肌細胞を活性化し、真皮のコラーゲン生成を促進する方法です。

 

 

もう1つは、「レチノール」や「ビタミンc誘導体」などの有効成分が配合された化粧品でケアをして、真皮のコラーゲン生成を促す方法です。

 

 

「目の下の笑いじわがとにかく酷くて悩んでいる」という方には、レチノールでのケアをおすすめします。

 

 

レチノールは真皮にまで働きかけて、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力アップには欠かせない成分の生成を促してくれます。

 

 

レチノールが配合されている化粧品なら、「アンプルール」がオススメです。

 

 

皮膚の専門家が開発したドクターズコスメという安心感もあり、レチノールのほかにも「植物幹細胞」や「DMAE」といった本格的なエイジングケア成分が贅沢に配合されているので、そのへんの化粧品とはモノが違います。

 

 

トライアルセットもあるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

真皮のコラーゲンケアを始めて、目の下の笑いじわを改善しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ